PC操作ログ / 端末監視
SoftActivity Monitor
ソフトアクティビティモニター

SoftActivity Monitorの機能

SoftActivity Monitor機能の概要

LAN内の端末を監視することで、不正な端末の使用を抑制したり、業務の効率化に役立てることができます。また、作業の履歴を残したり、作業の実績としてログを取得することもできます。

SoftActivity Monitorは、ローカルエリアネットワーク上のすべてのPCを監視するために、以下の機能を持っています。

  • 知られずにリモートで監視できます。
    リアルタイムでコンピューターのスクリーンを表示します。 SoftActivity Monitorは、PCの速度低下を最小限にとどめ、バックグラウンドで動作をします。

  • アクセスしたWebサイトを追跡します。
    ある従業員は、業務に関連していないSNSサイトを見ているかもしれません。SoftActivity Monitorは、WEBサイトの履歴とスクリーンショットを取得します。

  • 電子メール(Outlook)の履歴を記録します。
    職場内での嫌がらせ、知的財産の流出などを監視できます。

  • 業務用アプリ、メール、ウェブサイト、IMチャットのキーストロークを記録します。
    何が起きているのかを確認、追跡することができます。

  • ネットワーク内の複数のコンピューターを同時に表示することができます。
    異常な動作を確認し発生を防ぎます。

  • レポートを生成し、画面キャプチャをスケジュールします。
    より効率的な端末使用を促すことができます。

  • 内部情報漏洩の脅威から保護します。
    従業員が会社を悪意を持ち組織内の情報を危険にさらしている可能性があります。SoftActivity Monitorは、このような危険を抑制することができます。

サーバーOS、ターミナルサーバーを監視する場合は、TS Monitorをご利用ください。

リモートデスクトップのライブビュー

  • ユーザーのデスクトップをリアルタイムで簡単に見ることができます。 ダッシュボードには、セキュリティカメラのようなリモート画面のライブビューが一目でわかります。
  • マルチモニター構成のリモートコンピューターをサポートします。

従業員のインターネット使用監視

  • インターネット参照の履歴を取得します。ソーシャルメディア、WEBメール、検索履歴、その他のWEBサイトなど、WEBブラウザーでアクセスしたすべてのURLを記録します。
  • SoftActivityは、ユーザーがシークレット/ InPrivateモードでブラウジングしているときのインターネットアクティビティやWebブラウザーの履歴を消去を記録します。
  • 上位WEBサイトレポートには、各Webサイトでユーザーが費やした合計時間が表示されます。

プログラム使用の監視

  • プログラムの使用状況を監視します。 この機能を使用すると、ユーザーが実行するアプリケーションと実行時間を知ることができます。
  • 上位のプログラムレポートには、ユーザーが最も時間を費やしたアプリケーションが表示されます。
  • すべてのユーザーのタイムスタンプとスクリーンショットを含む使用ログをプログラムします。
  • コンピューター上のRDP / RDS、TeamViewer、LogmeInなどのローカルおよびリモートセッションを記録します。 

管理者向けのWEBコンソール

  • WEBブラウザからWEBコンソールを使用することにより、すべてのコンピューターとユーザーのPCアクティビティレポートを表示することができます。WEBアプリケーションサーバーは、オンプレミスでインストールされます。
  • 特定のユーザー、またはグループを表示するための制限された、複数のスーパーバイザー/マネージャーアカウントを作成できます。
  • 組織全体のコンピューター使用状況の統計情報を含むダッシュボードにより、使用頻度の高いプログラム、WEBサイト、最もアクティブなユーザー、日付、コンピューター、ユーザー、またはグループで検索/フィルターすることもができます。
  • レポートのPDFへのエクスポート、分析とレポートのためにExcel(CSV形式)にエクスポートすることもできます。

アラートとEメールによる通知

  • ユーザーが組織のコンピューター使用ポリシーに違反した場合、管理者はアラート通知を受け取ることができます。
  • 管理者は、参照したWEBサイト、使用したアプリケーション、ファイル、キーストロークなど、従業員のアクティビティに基づいたアラートルールを作成できます。
  • 設定に便利なサンプルルールが作成されています。
  • 電子メールでアラートを取得し、WEBコンソールでポリシー違反が表示されます。 これにより効率的なユーザーの監視を可能にし、重要事項に対して適切なタイミングでアクションを実行することができます。
  • 過去7日間のコンピューター使用状況の統計を含む週次レポートをメールで取得できます。

ユーザーの使用を追跡

ログイン状況を記録し、従業員の生産性を高めます。 各作業セッションについて次の情報が表示されたます。:

  • ログイン、ログオフのタイムスタンプ
  • コンピューターとユーザー名
  • セッションの時間
  • 上位5つの使用プログラム
  • 訪問した上位5つのウェブサイト
  • 入力されたキーストロークの総数
  • スクリーンショットのタイムライン

EメールとIMコミュニケーションの監視

従業員が組織のコンピューターで送受信したメールを記録します。
サポートされているメールシステム:

  • MicrosoftExchangeアカウントを使用したMicrosoft Outlook
  • SSLまたはセキュリティ保護されていないPOP3 / SMTP / IMAPアカウントを持つMicrosoft Outlook
  • Webコンソールの上位WEBサイトタブおよびキーストロークログの一連のスクリーンショットでWEBメールメッセージを表示します
  • 送受信されたメッセージを含むSkypeチャットを記録(Skype for Desktopの最新バージョン8.xはサポートされていません。)

他のメッセンジャーのチャットは、トッププログラムレポートの一連のスクリーンショットで見ることができます

キーストロークの監視

  • ユーザーが入力したキーストロークを画面に表示します。 Webコンソールでキーストローク履歴を表示することもできます。 メール、チャットでの会話などの全体像を把握することができます。
  • キーストロークの記録はオプションのため、組織のポリシーに準拠しない、または必要としない場合、オフにすることができます。

スクリーンショットの履歴

  • SoftActivityのIntelliSnap™テクノロジーを使用して、リモートPC画面のスナップショットを取得します。従業員に知られることなく活動を監視します。 アクティブなアプリ、または画面全体を記録します。
  • スクリーンショットは、すべてのネットワークコンピューターに記録され、メインコンピューター/サーバー上の1つの集中管理された場所に保存されます。
  • 各WEBサイトの詳細な閲覧履歴を一連のスクリーンショットとして表示します。 SNS、ウェブメール、WEB検索、ウェブベースのIM、チャット、フォーラムを追跡することができます。
  • アプリケーションまたは記録されたWebサイトでスクリーンショットをフィルターします。
  • IntelliSnap™テクノロジーは、単なる時間間隔ではなく、ユーザーアクションに基づいてスクリーンショットをキャプチャできます。 1秒に1回から数分に1回の頻度でスクリーンショットをキャプチャできます。

強力なサーバーデータベース

  • SoftActivity WEBコンソールは、監視対象のコンピューターから収集されたアクティビティログを格納するためのPostgreSQLデータベースサーバーを搭載しています。 オンプレミスで大量のデータを保存できます。
  • PostgreSQLはインストールパッケージに含まれており、顧客のサーバーまたは管理者のPCでオンプレミスで実行されます。 UnixまたはWindowsプラットフォームにインストールされた既存のPostgreSQLサーバーを使用することもできます。
  • SoftActivity Monitor サーバーアプリケーションは、アクティビティログをエージェントからセントラルログデータベースにダウンロードします。 ログは、監視対象コンピュータのディスク領域を大量に消費しません。

機密ファイルへのアクセスを記録

  • 従業員による情報漏洩の追跡と防止
  • USBフラッシュドライブまたは外付けハードドライブの使用追跡します。
  • ドキュメントの開く、保存などの動作を記録します。
  • すべてのタイプのドライブを監視します:ローカル、ネットワーク、フラッシュ/サムドライブ、およびUSB接続ドライブ。 機密ファイルを含む選択したフォルダーを監視します。
  • 読み取り、書き込み、削除、名前変更、移動などのすべてのファイル操作を表示します。

ステルステクノロジー

SoftActivityのステルステクノロジーにより、監視対象のユーザーにはPC監視ソフトウェアが完全に見えなくなります。

  • 監視対象ユーザーには、ハードドライブ上のファイル、タスクマネージャーのプロセス、またはWindowsのサービスは表示されません。
  • デスクトップまたはスタートメニューのアイコン、ウィンドウの表示、監視ツールの痕跡はありません。
  • 管理者は、監視対象のコンピューターにエージェントをリモートでサイレントインストールし、数秒でユーザーの追跡を開始できます。
  • ITスタッフ、開発者、システム管理者などの上級ユーザーであっても、従業員のコンピューターを目に見えないように監視できます。

リモートによる展開

  • ネットワーク管理者は、ソフトウェアのクライアント部分であるエージェントを、ユーザーに見えないように複数の監視対象コンピューターにリモートで簡単かつ迅速にインストールできます。
  • グループポリシーまたはPowershellスクリプトを使用して、Active Directoryドメインで追跡するコンピューターにエージェントアプリケーションを一括展開します。
  • インストールファイルを実行して、エージェントをローカルにインストールします。 オプションで、インストールされたエージェントを仮想デスクトップ(VDI)展開用のOSイメージに含めます。
  • エージェントアプリケーションは、監視対象PCの最小限のリソースを使用します。 CPU、RAM、バッテリー寿命、および/またはドライブスペースにオーバーヘッドはなく、ユーザーエクスペリエンスに顕著な影響はありません。

プライバシーに配慮した監視

  • SoftActivityは、プライベート設定によりプライバシーに配慮した監視ができます。
  • サイトやプログラムを設定することにより、設定されたサイトやプログラムのスクリーンショットは、マスクされ、キーストロークは取得されません。
  • 従業員の個人情報を含むサイトやプログラムの使用に配慮した監視が可能となります。