PC操作ログ / 端末監視
SoftActivity Monitor
ソフトアクティビティモニター

アンチウイルス利用環境での使用について

一部のウイルス対策製品は、Activity Monitorを監視ソフトウェアとして検出し、コンピューターから削除する場合があります。 SoftActivityでは、ウイルス対策に除外を追加することをお勧めします。これにより、コンピューターを監視しながら、ウイルス対策保護の安全性を維持できます。

ウイルス対策製品の一般的な手順
ESET
Avast Antivirus
Symantec Endpoint Protection
Norton Antivirus

ほとんどのウイルス対策製品は、SoftActivity Monitorソフトウェアの脅威や問題を検出しません。ダウンロードされたファイルがDeep Software Incによってデジタル署名されている限り、SoftActivity Monitorソフトウェアにはウイルス、スパイウェア、またはマルウェアはありません。SoftActivity実行可能ファイルはすべてデジタル署名されています。

インストールするファイルがオリジナルであり、改ざんされていないことを確認するために、ファイルの[プロパティ]-[デジタル署名]タブを開いて、ファイルの署名を確認することをお勧めします。

SoftActivity Monitor製品は、SoftActivity Webサイトの機能で記載されていることのみを実行します。つまり、所有者の許可を得て会社所有のコンピューターで従業員の活動を記録します。記録は社内のコンピューター/サーバーにオンプレミスで保存され、会社のネットワーク外に転送されません。記録された情報は、データにアクセスし、パスワードを知っている管理者/スーパーバイザーのみが見ることができます。 SoftActivity開発元でも、記録された情報にアクセスできません。

ウイルス対策製品の今後の更新でアクティビティモニターとエージェントの検出と削除を回避するために、ウイルス対策に除外を追加することをお勧めします。設定後に、このソフトウェアの存在を無視し、オフィスネットワーク内のコンピューターを監視できるようにし、ユーザーに通知しません。

一般的なウイルス対策製品の手順を掲載しています。アンチウイルスがリストにない場合、アンチウイルス製品に適用される以下の一般的な手順に従ってください

ウイルス対策製品がユーザーを検出、報告、および/またはSoftActivityファイルを削除しないようにするには、SoftActivity監視コンソールとエージェントがインストールされているフォルダーを除外する必要があります。


マネージャー/管理者のPCまたはサーバーでSoftActivity Monitorモニタリングコンソールを除外する手順:

  • Activity Monitorをダウンロードしてインストールする前に、ウイルス対策のリアルタイム保護を一時的に停止することをお勧めします。
  • ウイルス対策製品の[設定]の[除外]セクションを開きます。
  • 12.0以降のバージョンでは、このフォルダーを除外に追加します。
    C:\Program Files\SoftActivity\Activity Monitor
  • 次に、SoftActivity Monitorをダウンロードしてインストールします。 上記のフォルダにインストールする必要があります。
  • オプションで、最初にSoftActivity Monitorをインストールし、その後、宛先フォルダーを除外に追加できます。 「Program Files」フォルダーの名前が異なるため、これは特に英語以外のバージョンのWindowsで推奨されます。

リモートの監視対象コンピューターでエージェントを除外する手順:

  • ウイルス対策の[設定]の[除外]セクションを開き、以下のフォルダー名をコピーします。
    C:\Windows\sysnchrb
  • 除外に追加します。
    注:一部のウイルス対策製品では、パスの最後に*が必要です。 C:\Windows\sysnchrb\*
  • リモートまたはローカルでエージェントをインストールします。 ウイルス対策は今すぐインストールを許可するはずです

追加情報:

  • 除外を追加するときは、ソフトウェアをインストールするまでフォルダーが作成されないため、フォルダーを参照してもフォルダーが表示されない場合があることに注意してください。 この場合、この記事からフォルダの名前をコピーして、ウイルス対策に貼り付けてください。
  • ウイルス対策がフォルダ名の直接入力を許可しない場合(フォルダの選択のみを許可する場合)、Windowsでフォルダを作成し、ウイルス対策で選択します。 または、最初にプログラムをインストールしてから、除外するフォルダーを選択します。
  • 企業ネットワーク内のすべてのコンピューターでウイルス対策を管理するために集中型アプリを使用する場合、エージェントアプリを展開する前に、管理アプリを使用してすべてのワークステーションのフォルダーを除外するだけです。
  • ファイルのデジタル署名をチェックして、ファイルがDeep Software Inc.からのものであり、第三者によって改ざんされていないことを確認する方法:

ESET NOD32 アンチウイルスは、コンピュータ上のSoftActivity MonitorまたはTS Monitorを、Potentially Unwanted Program(PUP)またはWin32/Spy.ActivityMonitor.DまたはWin32/KeyLogger.ActivityMonitor.AGの脅威として検出する場合があります。SoftActivityソフトウェアにはウイルスは含まれていません。

ESET NOD32 アンチウイルスがこの脅威を検出しないようにするには、以下のように、SoftActivityの宛先フォルダーやスレッド名をスキャンから除外する必要があります。

ファイルまたはフォルダーをスキャンから除外する方法については、ESETの指示に従ってください

スーパーバイザーのPCおよびサーバー上のSoftActivity Monitor(およびSoftActivity TS Monitor製品)では、このパスを除外に追加する必要があります(バージョン12以降の場合):
C:\Program Files\SoftActivity\*

管理者のPCでインストールを実行する前に、ウイルス対策保護を一時的に無効にすることをお勧めします。そうしないと、インストール中に使用されるTEMPフォルダで脅威が見つかる可能性があります。次に、フォルダーの除外を追加し、ウイルス対策保護を有効にします。

エージェントをインストールする監視対象コンピューターで、このパスを除外に追加します。
C:\Windows\sysnchrb\*
ESETによる検出を回避するために、エージェントのリモートインストールを開始する前に除外を追加することをお勧めします。

プログラムをインストールする前に、宛先フォルダーは存在しません。そのため、ここからフォルダ名をコピーして除外を事前に作成するか、インストール中にウイルス対策保護を無効にする必要があります。

Avast Antivirusは、潜在的に望ましくないプログラム(PUP)またはWin32:ActivityLogger-E [PUP]脅威として、監視対象のコンピューターにインストールされたマネージャーのPCおよびエージェント上のSoftActivity Monitor従業員監視ソフトウェアを検出する場合があります。SoftActivityソフトウェアにはウイルスは含まれていません。

アバストアンチウイルスがこの脅威を検出しないようにするには、これらのフォルダーをアバストのスキャンから除外する必要があります。
Activity Monitor管理コンソールがインストールされているマネージャーのPCまたはサーバー:

C:\Program Files\SoftActivity\Activity Monitor

また、管理者のPCでインストールを実行する前に、ウイルス対策保護を一時的に無効にすることをお勧めします。そうしないと、インストール中に使用されるTEMPフォルダで脅威が見つかる可能性があります。次に、フォルダーの除外を追加し、ウイルス対策保護を有効にします。

Activity Monitor Agentソフトウェアがインストールされている監視対象PC:

C:\Windows\sysnchrb

エージェントのインストールを実行する前に除外を追加する必要があります。そうしないと、インストールが失敗する可能性があります。

コンピューターにSymantec Endpoint Protectionがインストールされている場合、SoftActivity Monitor、AgentまたはTS Monitorで脅威/リスクを検出して削除する場合があります。これを回避するには、Symantec Endpointで例外を設定する必要があります。その後、アクティビティモニターの存在を無視し、オフィスネットワーク内のコンピューターの監視を許可し、ユーザーに通知しません。以下の手順に従って、これらの集中例外をSymantec Endpoint Protectionに追加します。

Spyware.ActivMonAgent
Spyware.ActMon

監視対象コンピューター上のフォルダー:
C:\Windows\sysnchrb

SoftActivity Monitorメインコンソールとサーバーソフトウェアがインストールされているフォルダー:
C:\Program Files\SoftActivity\Activity Monitor

管理対象外クライアントモードでシマンテックを使用する場合は、エージェントをインストールする各ワークステーションとアクティビティモニターをインストールするワークステーションまたはサーバーにこれらの例外を追加する必要があります。 Symantecで管理クライアントモードを使用する場合、サーバー上のEndpoint Protections Managerで例外を追加する必要があるのは1回だけです。これは優先モードであり、すべてのクライアントコンピューターに例外を簡単に追加できます。

インストールの前にActivity MonitorとAgentをインストールする予定のコンピューターに例外を追加する必要があります。インストール後に除外を追加する場合は、ウイルス対策プログラムによって既に破損している可能性があるため、アクティビティモニターを再インストールする必要があります。シマンテックは、アクティビティモニター/エージェントファイルでリスクを検出した場合、ユーザーにアクションを選択するよう求めます。この場合、右クリックして[除外]をクリックします。

Norton Antivirusは存在を報告し、SoftActivity MonitorソフトウェアとActivity Monitor Agentを削除します。会社のコンピューターにActivity Monitorをインストールして、許可されている場合は従業員を監視できます。 Norton Antivirusでいくつかの除外を追加します。

  1.  Norton Antivirusのメインウィンドウを開き、[コンピューター]パネルの[設定]をクリックします。
  2. [設定]ウィンドウで、[署名の除外]の横にある[構成]をクリックします。
  3. [署名の除外]ウィンドウで、[追加]ボタンをクリックします。上部のドロップダウンから「Spyware」を選択し、リストから「Spyware.ActivMonAgent」を選択して、「追加」をクリックします。
  4. 次に、「署名の除外」ウィンドウでもう一度「追加」をクリックして、もう1つ除外を追加します。次に、Spyware.ActMonを選択し、[追加]をクリックします。
  5. [OK]をクリックすると、Norton Antivirusウィンドウが閉じます。
  6. さらに、監視対象コンピューターのNotronで次のフォルダーを除外します:C:\Windows\sysnchrb
  7. その後、アクティビティモニターまたはエージェントファイルをこのコンピューターにダウンロードまたはコピーしてインストールできます。ノートンはアクティビティモニターの存在を無視し、それを削除したりユーザーに通知したりしません