PC操作ログ / 端末監視
SoftActivity Monitor
ソフトアクティビティモニター

SoftActivity Monitorエージェントがサーバーへ接続できない場合

SoftActivity Monitorがサーバーに接続できない場合

テレワークや外出時など、SoftActivity MonitorのエージェントがLANから切断され、管理サーバーに接続できない場合、SoftActivity Monitorは、以下の動作となります。

  • エージェント設定の内容に基づき、エージェントはスクリーンショット、プログラムの実行などの各種操作情報を取得し続け、エージェントPCにログを一時保存します。
  • 管理サーバーに接続できる状態になると、エージェントに保存されたログは管理サーバーに送られ、WEBコンソールでログを確認できます。
  • エージェントに保存されるログのサイズは、デフォルトでは500MBとなり、管理サーバーに接続できない状態のまま、ログサイズが保存容量を超えた場合は、古いログから削除されます。
  • エージェントに保存されるログのサイズは、任意に変更することができます。
  • リアルタイム監視はできません。

スクリーンショットの取得間隔による、エージェントに保存されるログサイズの目安は以下の通りとなります。

  • 1分間に20回 1時間あたり20-55MB 1週間あたり800-2200MB
  • 1分間に12回 1時間あたり10-35MB 1週間あたり400-1400MB(デフォルト)
  • 1分間に6回  1時間あたり 7-20MB 1週間あたり300- 800MB
  • 1分間に2回  1時間あたり 2- 7MB 1週間あたり 80- 300MB
  • 1分間に1回  1時間あたり 1- 4MB 1週間あたり 50- 150MB
  • 2分間に1回  1時間あたり 1- 2MB 1週間あたり 25- 80MB